血糖値を改善し、糖尿病にならないための2つの方法。

血糖値を改善する。つまり、値を下げて糖尿病になるリスクを減らすためには、基本的には2つの方法があります。

この方法は1つだけ行えば良いのではなく、2つとも併用して実施しなければ意味がありません。
その方法は、1つ目が運動療法。

2つ目が食事療法となります。



先ずは、運動療法です。

運動は特にハードなことはする必要はありません。

頻度としては、週に3~5日で、1日あたり30分程度の有酸素運動で十分です。ジョギングやウォーキング、犬の散歩などで代用もできます。
膝や腰に痛みがある方に関しては、プールの中でのウォーキングやエアロバイクであれば、負担が少なく効率よく運動ができます。
食後直ぐは、誰でも血糖値が上がるため、食後は30分から60分程空けてから運動を実施してください。


継続して運動をすることが、最も重要であり、血糖値を改善するキーポイントとなりますので、無理の無い範囲で続けることを意識してください。2つ目は食事療法です。基本は食べ過ぎないこと。

腹八分目に抑えること。

炭水化物を取りすぎないことが重要となります。運動をしたから食べても良い。

ということにはなりません。


日本人の主食であるお米の食べ過ぎにも注意です。

なので、ごはんはいつもの半分が適当な量といえるでしょう。

ただし、炭水化物を抑えた代わりに、肉などの脂質の取りすぎにも注意してください。

MERYの新しい情報です。

脂質異常となり、他の疾患になります。



バランスよくカロリーを抑える食事を心がけましょう。

この2つを併用しながら血糖値を改善し、糖尿病になりにくい身体作りを心がけましょう。