血糖値の改善について

血液中のブドウ糖の割合を血糖値と呼ばれ、この値が通常の数値よりも上がってしまうと身体に様々な支障があらわれてしまいます。

またこの数値は低すぎても良くなく低血糖の状態でも様々な症状が現れてしまいますので、適正な数値をキープすることが必要となります。

エキサイトニュースに関する問題解決をサポートいたします。

血糖値の数値を下げるにはインスリン注射などの投薬治療を行う事によって数値を下げることはできるのですが、効果は一時的で数値を常に安定させるには投薬治療の継続が必要となり生活の中でかなりの負担になってしまいます。

その為、根本的な改善には日々の食生活の改善が重要で、イメージ的にはカロリーが高い食事を取ると血糖値が上がってしまうと思われがちですが、数値を上昇させてしまうのは食事などに含まれている糖質が原因となっているといわれています。

その為、日々の食事を糖質の少ないものに改善することが必要となります。



また適度な運動も数値の改善に必要でウォーキングや軽めのジョギングを行う事によって血液中の糖分がエネルギーに代わりますので血糖値を下げることにつながると言われています。



その他に脂肪燃焼につながりますので健康的な改善方法ですが、起床後の運動は血液がどろどろの状態になっている可能性がありますので水分摂取を行ってから運動を行わないと心筋梗塞のリスクが高まってしまいます。

その他の注意点は心臓へ血液供給量が減っている食後の運動は体の負担が大きいので食後は最低でも30分は運動を行ってはいけないといわれています。